マラソンイベントの応援を楽しもう!

大山重隆クレー射撃オリンピック代表は父の夢を叶えた親孝行なひと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 その間にわかったこと、楽しいこと、役にたてば良いな、と思うことを アップしていきたいです。

5月23日、[炎の体育会TV]に中山由起枝さんとクレー射撃企画に登場する大山重隆さん。

東京オリンピック2020の日本代表に内定しています。

ヒロミさん&加藤さんチームと中山さんと組んだチームとでガチンコ勝負が行われます。

大山重隆さんはどのような方なのか、ご紹介します。

大山重隆さんのプロフィール

★大山重隆さんプロフィール

・1981年(昭和56年)8月25日生まれ(38歳)

・戸田市立新曽北小学校・戸田市立新曽中学校卒業

・21歳からクレー射撃を始める

 

★競技成績

・2016年全日本選手権(神奈川県開催)優勝

・2017年全日本選手権(宮城県開催)優勝

・2019年国民体育大会(茨城県開催)優勝

・2019年アジア選手権で日本人最高位となり、東京オリンピックの代表に内定(初)。

大山重隆さんのクレー射撃を始めたきっかけは?

 

・お父さんが若いころ射撃をやっていて、結婚を機に選手としての現役を退いた。

・お父さんが趣味で狩猟をしていて、誘われて始めてみた。

・栃木県でヤマドリを狙ったり、北海道ではエゾシカを撃ったりしてた。

・狩猟のシーズンは冬なので、夏場はクレーをやるようになった。

・お父さんの夢は射撃で国体出場だった。

・息子の大山重隆さんが国体に出場し優勝した。

・お父さん、涙目。

親孝行さんですね!!

大山重隆さんがクレー射撃を続ける苦労は?

・お金がかかる!

・あたりまえだが、銃と銃弾が必要で銃弾は消耗品。

・銃を保管する丈夫なロッカーも自宅に必要。

・警察に行って諸々の手続きが必要で、収入印紙で経費がかかる。

・練習のたびに射撃場を使用する。

・この場所は安全な郊外にあることが多いので使用料の他に、高速代やガソリン代がいる。

なので➡

・給料はすべて競技に使う。

・結婚できないから、彼女に悪いと思っています。

(これは彼女はいると、言っていますね)

・オリンピックでの目標は、まず決勝の6人に残ること。

・決勝まで進んだらメダルを獲りたい。

・Twitterをされています。

カッコいいですよ!

まとめ

クレー射撃はマイナー競技なんでしょう。

大山さんのTwitterフォロワーさんが2016年からしているのに、74名だった。

ヒロミさん、加藤さんが「炎の体育会TV」で広めてくれてるけれど、競技を始めるには銃を購入しなくてはならず、これはネックですよね。

 

ヒロミさんは「日本射撃協会」の公式ページに講座動画を載せていました~!

12分とちょっと長めですが、興味があるかたはご覧ください。

再生が21万回とやはり、みんな興味深々なのね。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 その間にわかったこと、楽しいこと、役にたてば良いな、と思うことを アップしていきたいです。

Copyright© マラソンついて歩きたい , 2020 All Rights Reserved.