マラソンイベントの応援を楽しもう!

福田穣はプロランナー!NNランニングチームでキプチョゲとチームメイト

 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 マラソンイベントが、無い昨今。 「炎の体育会TV」のマスクマンを当てたり、アスリートのことを書いたりしています!

2020年12月6日に開催される福岡国際マラソン。

とってもイクメンの福田穣さんは、招待選手として参加されます。

2019年の福岡国際マラソンは2位でした。

(1位は今回も走られる藤本拓さんです)

西鉄に所属されてましたが、2020年8月に退社されていました。

お子さんのことをよくtweetされていたので、驚きました。

そして、世界最高の長距離チーム「NNランニングチーム」に日本人として初めて契約を結んだことを発表。

サポートはスポーツドリンクメーカーの「モルテンジャパン」が、されるようです。

どのようなことなのか、調べてみました!

福田穣さんが在籍するNNランニングチームは世界最高の長距離チーム

 

◇NNグループはオランダ発の世界的な金融会社です。

ナショナーレ・ネーデルランデン(Nationale-Nederlanden(NN)の略で、アメリカやオーストラリアなどの事業はINGグループが行う。

NNグループの事業は、ヨーロッパ諸国と日本で展開されている。

日本事業では、「エヌエヌ生命保険株式会社」として、活動してるようです。

 

◇メンバーは普段は各自のトレーニングキャンプで練習し、大会などはチームのユニフォームを着て参加している。

福田穣さんが在籍するNNランニングチームの主なメンバー

 

公式サイトを見ると、男性15名、女性が5名の合計20名のプロフィールが載っていました。

 

◇エリウド・キプチョゲ(ケニア)

史上最高のマラソンランナーであり、NNランニングチームの先導灯。

 

◇ケネニサべケレ(エチオピア)

エチオピア出身の陸上選手。

男子トラック長距離室内2000mの世界記録保持者。

5000mおよび10000mの元世界記録保持者。

 

◇ジュリアンワンダース(スイス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Julien Wanders(@julien_wanders)がシェアした投稿

10000m 27:17.29(2019年7月)スイス記録
5km 13:29(2019年2月)スイス記録
10km 27:13(2020年1月)欧州記録 ave.2:43/km
ハーフ 59:13(2019年2月)欧州記録 ave.2:48

 

◇我らが福田穣さんは、公式サイトでこのように紹介されています!

The first Japanese athlete to feature in the NN Running Team is enjoying an upwardly mobile and highly promising marathon career.

(NNランニングチームに登場した最初の日本人アスリートは、将来性豊かで有望なマラソンのキャリアを楽しんでいます)

福田穣さんがNNランニングチームへ加入のきっかけは川内優輝の評判だった

 

コーディネーターを通じてNNランニングチームに練習参加を打診したところ、履歴書を見たチームから加入を認められたそうだ。

はじめは一か月くらい、一緒にトレーニングができないか?という気持ちだったよう。

ですが、コーディネーターからは『ユウキみたいで、うちにはそういう選手はいない』と言われたとのこと。

この「ユウキ」は川内優輝のことで、2018年のボストンマラソンを制したことが、世界的に評価されてるんですね。

冷たい雨の中、飛び出した川内優輝のことを、現地のテレビは「クレイジー!!」と囃し立てました。

だけど、結局は誰も川内に付いてこれず、逃げ切って優勝しました。

これ、とっても感動しました。

良かったら読んでくださいね。

川内優輝ボストンマラソン優勝

 

「福岡国際の2カ月後に別大を出たのが評価されたのかもしれない」

 

➡短期間で世界中を転戦し、18年ボストンを制した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)にも通じるタフさが買われたようだと自己分析。

今回の福岡国際マラソンは、その川内優輝も走りますもんね!!

楽しみ!

そして、そろって2021年2月7日の別府大分毎日マラソンに出場されます。

福田穣さん福岡国際マラソン2020出場とその後の予定

 

神野大地(セルソース)とともに長野・富士見高原で藤原新氏(スズキアスリートクラブ男子マラソンヘッドコーチ)の出す練習メニューをこなしているそうです。

 

2021年1月にケニアへ、2024年パリ五輪を目指して高速ランナーへと進化する予定

 

◇福岡を拠点とし、レース前の2~3カ月間はケニアの首都ナイロビから約300キロ離れた標高2400メートルのカプタガトで練習を積む予定

(マイナスをずっと押すとケニアが見えてきます~)

 

そしてキプチョゲを指導するパトリック・サングコーチ(右)に師事する。

キプチョゲと一緒に練習する可能性もあるそうです。

すごいな~。

スピードスケートはオランダ、フィギュアはロシアに行く。

世界の頂点で生活をともにすることで得るものはあると思う。

 

年末に30歳を迎えるそうです。

地元の大手企業を辞め、コロナ禍に未知の世界に飛び込むのは、勇気が必要だったと思います。

とてもお子さんを、可愛がっているようだったので離れるのは寂しいと思いますが、強くなるのを見せたいきもちがあったんだと思います。

応援しています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 マラソンイベントが、無い昨今。 「炎の体育会TV」のマスクマンを当てたり、アスリートのことを書いたりしています!

Copyright© マラソンついて歩きたい , 2020 All Rights Reserved.