マラソンイベントの応援を楽しもう!

今井正人MGCでオリンピックへ!初代山の神はお嫁さん子供さんが可愛い

2019/09/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 その間にわかったこと、楽しいこと、役にたてば良いな、と思うことを アップしていきたいです。



MGC男子ファイナリスト年長組!元祖山の神は極寒東京マラソンでMGC獲得!

今井正人 1984年4月2日生まれの35歳。

今井正人を語るときに一番に言われるのが

初代 山の神

2005年・第81回箱根駅伝では、5区(小田原→箱根・芦ノ湖の区間)の

標高差775mの上り坂をまるで平地のように疾走し、

5区史上最多の11人抜き達成、

2006年度からは5区のコースが延長された為(小田原中継所が東京寄りに2.5km移動した)

この記録は永遠に変わらない.。

2006年5人抜き

2007年4人抜きで合計20人。

テレビ中継で

「山の神、此処に降臨!」

と、言われた。

いま聞くと、これちょっと重いですね。

今井選手、21歳22歳ころ、13年以上前の

お話です。

wikiより

ちなみに「2代目山の神」は

意外?   アニメコスプレ好きな柏原竜二さん

読んでいただけたら嬉しいです!

👆(綾野剛さんが二代目山の神の大ファンなんだそうです。)

 

2007年にトヨタ自動車九州に入社。

森下広一監督率いるチームに在社中。

 

2019年3月の東京マラソン2019へ2年振りにエントリー。

30Km地点を過ぎて日本男子選手らを次々追い抜き順位を上げ、

結果2時間10分台の総合6位(堀尾謙介に次いで日本男子2着)に入り、

MGC出場権を獲得。

最後は駅伝のイメージで

堀尾さんを追いかけた!

それが自分の持ち味だから。(往年のファン、ここで泣く)

アイキャッチは東京マラソン2019の今井選手です。

 

30km地点給水ボトルに書かれた

ご長男さんの言葉

がんばるのが男だ

いゃあ、これはわたくし、涙腺崩壊しました。

でも、取れなかったんですって。

それがくやしく、くそぅ!!!と

力が入って爆走できたと

ご自分で分析されてます。

 

2019年今年、大注目!!!!!。

「 山の神 」と言われててから14年ですか。

長いですね。

森下広一監督とご相談されて

チームと離れて過ごしていた

期間があったそうです。

 

「休む勇気」

 

これは、入社してからずっと変わらない

森下監督の人柄、力量が出てるなーと思いました。

森下監督は、覚えておりました。

やはり彼でしたか。

1992年バルセロナ五輪の

男子マラソン銀メダリスト

森下広一

今はこれがオリンピックで日本男子が獲得した最後の

メダルです。

 

また北京オリンピック、金メダリストの

サムエル・ワンジル。

彼は森下監督の教え子さんでした。

「森下さんはバルセロナ五輪で2位だったから

『サム(ワンジル)には金メダルを取ってほしい』と言っていた。

森下さんに金メダルを見せたい。

それを考えて走った。

2011年ご結婚 💛 明るい可愛い奥様が今井を支えたと思う

可愛いです。

川添麻美さん。

元RKB毎日放送のアナウンサー。

二代目、山の神も奥様がアナウンサーでしたね。

奥様の明るいエピソード

長期出張中に自宅のトースターの中に通帳を隠していたものの、

気付かずに食パンを入れて通帳ごと焼き、

“あわや大惨事”だった

お子さんも可愛いです。

この、ご長男さんが成長されて

「がんばるのが、男だ」と書かれたんでしょうね。

今井正人さん、家族の応援で

MGC頑張ってください!

お疲れさまでした。
ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 その間にわかったこと、楽しいこと、役にたてば良いな、と思うことを アップしていきたいです。

Copyright© マラソンついて歩きたい , 2019 All Rights Reserved.