マラソンイベントの応援を楽しもう!

バフ(Buff)って何?山中教授がコロナ情報発信サイトで提言

2020/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 その間にわかったこと、楽しいこと、役にたてば良いな、と思うことを アップしていきたいです。

山中伸弥教授が新型コロナ情報発信サイトで呼びかけ

 

サイトの冒頭文はマラソンに例えられていて、嬉しかったりします。

新型コロナウイルスへの対策は長いマラソンです

 

★4月20日投稿のご自身が出演される動画で

ジョギングのエチケットとしてBuffバフなるものを推奨されてました。

 

【このBuffは2018年の京都マラソンでの参加賞だそうです】

🔥山中教授京都マラソン結果:

2020年:3時間22分34秒

2019年:3時間24分42秒

2018年:道下美里さんとペア駅伝でした。

フルマラソンのコースを道下さんが1区約27.6キロを、山中教授は2区約14.6キロを走り記録は3時間6分34秒。

首元には今回紹介されたBuffが見えますね。

 

道下美里さんの三人の伴走者をご紹介しています

BuffⒷ推奨の理由は??

 

ベルギーのルーヴァン・カトリック大学とオランダのアイントホーフェン工科大学の共同チームが発表した内容はショッキングなものでした。

感染者の気道から空気中に放出されたウイルス粒子がどのように動くかをシミュレーション

➡すると

前後に走っている場合、前の人から飛沫感染する可能性が高くなることが判明

安全に走るために必要な距離は10Mにもなります。

(横に並んで走る場合は、気流の影響は受けにくい)

いまのソーシャルディスタンスと言われている2mでは、全然足りないことになります。

 

●ウォーキングのときは5m必要

 

●自転車のときは20M必要とのこと。

 

自転車は歩道を歩いていると、横から抜かされてすぐ前後の関係になってしまうので

気を付けなくてはいけないですね。

 

ここは、Buff(バフ)ってなんだろう?を解決していきます。

 

バフってなんだろう

●Buffはスペインで生まれたブランドで、誕生は1992年のネックアイテムです。

ブランド名はスペイン語でスカーフを意味する「Bufanda」からイメージしたもの。

オートバイレースに出場していた創業者Joan Rojas(ジョアン・ロハス)が、より使いやすいマフラーを作ろうと、継ぎ目のないチューブ型のネックウェアをデザインしたのがBUFFの原点です。

 

公式サイトはこちら

(公式サイトほとんど完売になっていました)

 

★バフの生地は?

・快適性と優れた肌触りに優れた上質なマイクロファイバーポリエステルを用いる

・冬用には暖かいポーラーテックフリース

・夏用には速乾吸湿性に優れるクールマックスを用いる

・コンパクトでファッション性も抜かりありません

 

公式サイトより一部製品の値段とサイズをご紹介します。

★NECK PRODUCT 3800円

サイズ:約H24.5XW70

 

★KIDS用 2900円

サイズ:約H20.3XW48

 

 

★バフはいろんな使い方ができる

★楽天サイトより夏用出ました!


【7月中旬予約】Buff(バフ) 冷感素材 クーリング ネックゲイター(フェイスマスク)夏用マスクに!COOLNET UV+ BALMOR POOL 386649

 

ずっと、うちにこもってるとウオーキングやランニングをしたくなりますね。

あと少しの我慢だと思います。

また、あの楽しかった日々が戻って来ると信じて。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
夫についてマラソンイベントに参加して10年になります。 その間にわかったこと、楽しいこと、役にたてば良いな、と思うことを アップしていきたいです。

Copyright© マラソンついて歩きたい , 2020 All Rights Reserved.